い草記事


本日の高知新聞でも取り上げていただきましたが
土佐市波介地区はちょっと前までは
い草生産のメッカでした

学生の夏休み定番のアルバイトといえば
アイスクリン売り」か「い草干し


私も幼い頃、仁淀川を渡るとき
河川敷いっぱいに干しているい草を見て
早う高校生になってアルバイトしたい~と
思いよったことを思い出します

今回のい草レスキューに参加させていただけて
「そういえばい草が生えちゅうの見たことない~」
と、思いなでしこメンバー波介へ行ってきました

波介地区い草

い草畑に行ってみたら


い草の生えちゅう
この香り、空気、草の揺らめき

幼い頃の夏の風景がば~っと浮かんできた

見たことないと思いよった風景が実は
無くなってしまった懐かしい風景やった

い草とトンボ

この中に小さな美しいトンボが居るの
わかる?


現在、土佐市のい草農家さんは3件

杭


美しく並んだ杭はかなりの力仕事
作り手も年齢が重なり
かなりの重労働ながやね


私らにどんなことができるか未知やけど
何とか子供らにもこの風景を残したいと
強う思うた




LOVE仁淀川