鎌倉通孝の世界
先日、ご縁があって
カマクラサンゴ gallery 蓮Ren
お伺いしてました

そこで現在開催されている
coral art 鎌倉 通孝の世界
鑑賞してきたがです

(2014年12月31日まで
カマクラサンゴ gallery 蓮Renにて開催中)



高知と言えば珊瑚が有名ながです

多分、高知県民の家のどこかを探せば
珊瑚のカフスやイヤリング、ネクタイピンなど
アクセサリーが出てくるし

遠足で一回は日本サンゴセンターに見学

お土産物屋さんには
必ず珊瑚コーナーがあると
言うばぁメジャーであり

逆にメジャーすぎて
大人になって欲したこともなく
身につけたことすらもない

というか…
気に留めてない



それが
もーなんというか
この個展をみて

珊瑚に対する意識が変わった

珊瑚は枝分かれした
海の生物

その形状をうまく利用しながら
素晴らしい芸術作品を産む

珊瑚の色もうまく活かしながら
細かいところまで精密に作られる

中でも一番目を奪われたのは
軍鶏」という作品

すごい気迫で
まるで生きてるようです

作品たちを見ていると

珊瑚自体にも興味が湧いてきた

色も形もおんなじモンは一個もないがよね


珊瑚は3月の誕生石で
石言葉は「長寿・幸福」

結婚35周年目を
珊瑚婚式とも言うがやね

厄除けや産後の肥立ちにいいとか
嫁ぐ娘の安全と幸福を授けるなどと

なんか素敵や~

珊瑚は女子の味方やんかぁ

高知県民として
これからもっと珊瑚をプッシュしよ~っと

LOVE仁淀川